<初日加筆版>『トリッパー遊園地』 観劇のススメ ~観劇初心者が慣れた人に教えてもらいました~

明日はいよいよ 『トリッパー遊園地』 初日、頑張って仕事を休んで新橋演舞場へ駆け付ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とは言え舞台観劇なんて初めてで、どうすればいいのか不安だな、、、なんて方も?
かく言う中の人も勝手が分からないので、観劇慣れした人に教えて貰いました。

※初日公演を満喫してきたので、加筆しました。

 

■劇場へ行くまで
新橋演舞場は歌舞伎も上演される格式高い劇場ですが、気負って礼装までは必要ありません。
作品的に、カジュアルな襟付きとチノパンの組み合わせや、プチおしゃれ着がちょうど良さそうです。なければパーカーでも大丈夫なようですが、せっかくの場の雰囲気を楽しむためにも、いつもより少しおしゃれをしてみませんか?
後ろの座席の方への配慮として、高さのある髪型も避けましょう。
生誕Tシャツなど応援グッズで身を固めて!と言う雰囲気の場ではないです。痛いファンに見られてしまわないようにしましょう。

お仕事終わりで時間のない方もいらっしゃるでしょうが、駆け足で騒がしくならないように、なるべく時間に余裕を持って劇場へ向かいましょう。
もし遅れてしまった場合は、席でゴソゴソしないようにロビーで全部済ませてから。また幕間や終演後に周囲の方に一言お詫びをしておくと良いでしょう。
早めに着いて、新橋演舞場の雰囲気を満喫するのもいいですね。

それからタオル・ハンカチ必須です!
幕が上がって5秒で泣きました。推しの晴れ姿もですが、舞台としてとても感動して泣きっぱなしと言っても過言じゃないです。

■開演・公演時間
開演30分前に開場します。
途中で35分間の幕間休憩があるので、そこでご飯を食べたりできます。新橋演舞場はお弁当の種類がいくつもあって楽しみのひとつです。外でも売っていて、持ち込んでも大丈夫です。

■予定時間表<新橋演舞場トリッパー遊園地公式ページより>

【昼の部】
●11時開演
第一幕 11:00~11:55(55分)
休憩   35分
第二幕 12:30~13:55(85分)

●15時開演
第一幕 15:00~15:55(55分)
休憩   35分
第二幕 16:30~17:55(85分)

【夜の部】
●18時開演
第一幕 18:00~18:55(55分)
休憩   35分
第二幕 19:30~20:55(85分)

 

 

 

■公演中
電子機器は電源から切って、時計のアラームも切って、帽子は脱いで、座席には背もたれから離れないように深く座りましょう。前のめりになると後ろの方の視界を妨げてしまいます。
うちわなどの応援グッズもNG!
SKEとしての舞台だったAKB49~恋愛禁止条例~でも、ペンライトなどやめましょうとシマウマさんにもなるオタクたちが教えてくれましたね。

咳やくしゃみがどうしても出てしまう時は、ハンカチ・タオルで抑えて少しでも小さく。ガムを噛んだり、のど飴が歯に当たる音とかもけっこう耳に付いちゃいます。
ましてビニール袋をガサガサ・・・なんてこともないように。

5倍ズームくらいのオペラグラスがあると、演者さんの表情と全体の雰囲気がバランス良く楽しめるそうです。

■公演終わって
感動や労いの気持ちは熱烈な拍手で!
演者さんが再び舞台に登場するカーテンコールでも、名前をコールしたりはしないのが普通のようです。
最上級の賛辞を表してスタンディングオベーションをすることも。純粋な気持ちで自然発生するものですが、日本人はあまり得意ではないですよね。
慣れないうちは客席の雰囲気を見つつが良いでしょう。

■客席を後にして
興奮の感想戦は楽しいですが、通路を遮ったり、大きな声で他のお客さんのご迷惑にならないように節度を心掛けましょう。

■筋書(プログラム)販売
劇場ロビーで1,500円で販売しています。
出演者の写真とインタビューや、稽古写真も載っていて、記念アイテムとしてもお勧めです。配役・人物相関の予習も出来ますし、ネタばれなしなので、事前に購入して読んでも大丈夫です。

■化粧室事情
河合郁人さん(A.B.C-Z)主演、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)出演ということで、女性客が大半なので、化粧室の混み具合は偏っています。女性は特にですが、男性も、時間に余裕をもって済ませましょう。

■お手紙・プレゼント
惣田さんへのお手紙・プレゼントは新橋演舞場で受け付けてくれます。お手紙は受付に設置の投函箱へ、プレゼントは受付で申し出ましょう。

■最後に
念願の舞台、惣田さんも一生懸命に、それでいて楽しくお稽古を重ねて、舞台に立つことでしょう。
演者と観客の皆様が気持ちよく初日を過ごし、大成功の千穐楽を迎えられるように、私たちも観劇して行きましょう。まだチケット買えますし、新橋演舞場にもチケット売り場があります。
握手会がしばらくない今だからこそ、観劇後の感動をお手紙に綴って送ると喜んでくれることと思います。

 

【関連記事】

日刊スポーツ「SKEの枠越えた舞台、夢だった」記事配信 <-SKE48と芝居の違いで実感していることは><-ここで経験したことはSKE48でも生かせる>

舞台『トリッパー遊園地』に出演決定!、新橋演舞場(3/15~23)、可児市文化創造センター(3/30)、豊橋市文化会館(3/31)、大阪松竹座(4/3~4/7)の全16日間27公演

【コラム】惣田紗莉渚さん得票分析/データで見る”躓いてなんかいない”<45thシングル選抜総選挙>

  • 昨年(41st) → 今年(45th)
    17,071票 → 28,369票 (+11,298票)
    55位 → 30位(+25ランク)

まずは昨年の結果のおさらいから。
獲得票数を活動日数で割った値と、順位の相関を表したもので、活動日数に応じて順当に獲得票数を伸ばしたメンバーがランクインし、加速させることで順位を上げていることを示しています。
そんな中で惣田紗莉渚さんは相関から正の方向にひとり飛びぬけており、SKE48加入から急速に獲得票数を伸ばしていることが分かります。

41st獲得票数÷活動日数

このグラフを今年の結果で作成したのが以下です。引き続き相関曲線より正の方向に位置していますので、相対的に濃い活動が出来ていることは間違いありませんが、昨年ほど圧倒的に飛び抜けてはいません。
ちなみに76位で相関から飛び抜けているのはNGT48 チームNIII 加藤美南さんです。
全体として、相関係数が 0.68 → 0.59 と下がっているのは、今年の選挙が昨年よりも荒れたことの表れかも知れません。

45st獲得票数÷活動日数

ここに昨年(41st選抜総選挙)の惣田紗莉渚さんの点も加えてみると、

45st獲得票数÷活動日数(+昨年データ)

縦軸の位置が変わっていませんので、活動3年目にして、2年目の獲得票数の伸びを維持していることが分かります。加入後329日の加藤美南さんが飛び抜けていることからも想像できますが、活動日数が伸びることで勢いは薄まって来ますので、3年目においても勢いを維持しているのは十分に評価に値します。

そこでもうひとつ、獲得票数の伸びを単純に見たのが以下のグラフです。獲得票数の対前年比率です。
初ランクインメンバーがデータに現れない分、一時的な勢いかも知れない結果が取り除かれています。

45st得票伸び率(対前年比)

グループ全体で3番手、SKE48でトップの伸び率を記録しています。

“選抜” への強い決意を繰り返し強調した選挙戦の結果はアンダーガールの30位で、「躓いてしまったのではないか」と不安な思いをお持ち方々もおられるでしょうが、まだまだ躓いてなんかおらず、今年も勢いを見せた結果です。

とは言え、昨年と同じ境遇にはありません。選抜の座を奪い取るためには、惣田紗莉渚さんご自身は元より、ファンも次のステージへ進む必要がありそうです。