G20愛知・名古屋外務大臣会合カウントダウンボードの除幕式 [2019年8月29日(木) 13:00~13:15 開催 中部国際空港] LOVEあいちサポーターズあいち広報大使として なっきぃさんと参加!!


 

G20愛知・名古屋外務大臣会合カウントダウンボードの除幕式を行います ~SKE48とのLOVEあいち・スペシャルコラボ~|2019年8月22日|愛知県

 G20愛知・名古屋外務大臣会合推進協議会では、G20愛知・名古屋外務大臣会合の開催を広く周知するため、中部国際空港にカウントダウンボードを設置するとともに、設置に当たり下記のとおり除幕式を行います。
 なお、今後、JR名古屋駅においても、カウントダウンボードの設置及び除幕式を予定しています。詳細については、別途お知らせします。
※ SKE48には、「LOVEあいち・スペシャルコラボ」として出席していただきます。
 「LOVEあいち・スペシャルコラボ」とは、LOVEあいちサポーターズあいち広報大使に委嘱しているSKE48のみなさんに、グループ活動の中での愛知県のPRに加え、愛知県の行事等に参加していただき、より積極的に愛知県をPRしていただくものです。

1 除幕式概要
(1)日時
2019年8月29日(木曜日) ※会合開催85日前
午後1時から午後1時15分まで
(2)場所
中部国際空港 4階 イベントプラザステージ
(3)出席者
大村秀章 愛知県知事
河村たかし 名古屋市長
内田吉彦 名古屋商工会議所常務理事・事務局長
由町正雄 一般社団法人中部経済連合会総務部長
犬塚 力 中部国際空港株式会社代表取締役社長
惣田紗莉渚 SKE48(LOVEあいちサポーターズあいち広報大使)
鎌田菜月 SKE48(LOVEあいちサポーターズあいち広報大使)
(4)次第
主催者あいさつ(知事・名古屋市長)、登壇者紹介
SKE48からの会合開催に向けたメッセージ
カウントダウンボードの除幕・紹介
写真撮影

2 カウントダウンボード概要
(1)設置場所
中部国際空港 2階 国内線到着ロビー
(2)設置期間
2019年8月29日(木曜日)から2019年11月23日(土曜日)まで
(3)サイズ
高さ200cm、幅100cm、奥行60cm

G20愛知・名古屋外務大臣会合カウントダウンボードの除幕式

 

※全文はこちら

 

 

中部国際空港セントレアのフロアマップによれば、ショッピングフロアのど真ん中、イオンモールのイベントスペースのような場所みたいですので、誰でも見に行けるのかな?

 

 

G20サミット・G20外務大臣会合とは|G20 愛知・名古屋外務大臣会合

 アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、英国、米国の19ヶ国に加え、欧州連合(EU)の首脳が参加して毎年開催される国際会議です。例年、G20の首脳以外にも、招待国の首脳や国際機関の代表などもサミットに参加しています。

 G20の正式名称は「金融・世界経済に関する首脳会合」です。世界のGDPの8割以上を占める「国際経済協調の第一のフォーラム」として、G20は世界経済を力強く成長させていくことを目的としてきました。グローバル化が深化し、様々な問題が複雑に絡み合う中、近年G20ではマクロ経済や貿易のみならず、世界経済に大きな影響を与える開発、気候変動・エネルギー、保健、テロ対策、移民・難民問題等の地球規模課題についても、活発に議論が行われてきました。こういった地球規模課題への貢献を通じて、包摂性のある持続可能な世界を実現することを目指してきました。

 2019年には日本が議長国となり、2019年6月28日と29日にG20大阪サミットを、国内8都市で関係閣僚会合を開催します。11月22~23日には愛知県名古屋市でG20愛知・名古屋外務大臣会合を開催します。

  外務大臣会合は、2012年のメキシコ・ロスカボス、2017年のドイツ・ボン、2018年のアルゼンチン・ブエノスアイレスに続き、2019年は愛知県名古屋市で開催されます。2018年の外務大臣会合では、「G20の貢献 、 期待及び性質」、「マルチラテラリズムとグローバルガバナンス」、及び「公正で持続可能な開発のための行動」について議論が行われました。

 G20愛知・名古屋外務大臣会合は、G20日本議長国下での最後の関係閣僚会合であるため、2020年議長国を務めるサウジアラビアへ議長の引き継ぎが行われる予定です。
G20サミット開催の経緯

1997年のアジア通貨危機を契機に、国際金融システムの議論には、G7に加えて主要新興市場国の参加が必要であるとの認識のもと、1999年のG7財務大臣会合においてG20財務大臣・中央銀行総裁会議の創設が合意されました。

 同会議は、国際金融システム上重要な国々の間における主要な経済・金融政策上の課題を議論し、全ての国々の利益となる安定的かつ持続可能な世界経済の成長を達成するための協力を促進することを目的としており、参加国は現在のG20メンバー国と同じでした。

 その後、リーマン・ショックを契機に発生した経済・金融危機に対処するため、2008年11月、主要先進国・新興国の首脳が参画するフォーラムとしてG20財務大臣・中央銀行総裁会議を首脳級に格上げし、ワシントンD.C.において第1回G20サミットが開催されました。2009年9月、米ピッツバーグにおける第3回サミットにおいて「国際経済協調の第1のフォーラム」として定例化され、その後、2010年まではほぼ半年毎に、2011年以降は年に1回開催されています。 2019年6月に大阪で開催されたサミットで第14回目を数えました。

※全文はこちら

 

 

※8/26 22:56 追記

 

【関連記事】

未来展 [2016年7月27日(水)-28日(木) 開催] 記事/SNS/現場レポまとめ

<まとめ>愛知デスティネーションキャンペーン 記者発表 [2018年9月20日(木) 開催] 大村知事と愛知県をアピール! メディア取材多数、写真・動画大量!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA