<まとめ:企画紹介>26th 生誕祭 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 [2019年2月18日(月) 開催]

 

 

【関連記事】

<まとめ>26th 生誕祭 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 [2019年2月18日(月) 開催] お手紙・スピーチ全文掲載

<まとめ>26th 生誕祭 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 [2019年2月18日(月) 開催] お手紙・スピーチ全文掲載

 

■北川綾巴さんからお手紙

さりちゃん、26歳おめでとう。

誕生日から少し経ったけど、26歳の日々はどうですか?
楽しく過ごしてるかな?

ここ1年くらいでグッと距離が縮まって、一緒にいることが増えて、何でも言い合える仲になれたこと、すごく嬉しいです。

しっかりしてるように見えてすごく抜けてて、お片付けが苦手なところとか、1人で永遠に喋り続けて、かまってちゃんだし、面倒くさいし、26歳と思わないくらいに体力あるし、そんなことある?ってビックリするようなことをしちゃったりとか。
さりちゃんといると笑いが絶えなくて、いつも笑顔にしてくれてありがとう。

最近はクイズのお仕事や大好きな野球ライオンズのお仕事をしている姿を見て、好きなことや得意なことを仕事に繋げられるさりちゃんはすごいなって尊敬しています。

もうすぐ稽古が始まり舞台にも出演が決まって、大学との両立だったり、きっと大変になると思うけど応援してるよ。

近くにいて思ったことだけど、さりちゃんのファンの方を大切にする気持ちだったり、ひとつひとつのことに対する気持ちの熱さ、情熱って本当にすごくて、ドラフト5位指名からのスタートで今では選抜常連で、総選挙でも2回連続で選抜メンバーに入っていて、そこまでの道のりは決して楽じゃなかったよね。並大抵の努力じゃないと思う。コツコツ、ファンの方を増やし、自分の力でチャンスを掴み、輝いているさりちゃんはかっこいいよ。

折れそうになったことも、諦めたくなったこともたくさんあると思うけど、負けずにここまで来たのはさりちゃんの努力の賜物だと思います。尊敬しています。

これからも色んな矛盾とか納得いかないこととかあると思うけど、さりちゃんはさりちゃんなりのやり方で大好きなファンの皆さんと突き進んでください。

疲れた時とか嫌なことがあったら何でも話してね。全部聞くし、いつでもさりちゃんを支えます。
26歳もさりちゃんの泥臭い生き様見せてください。私はそれをそっと見守って、支えられる人になるね。

ねぇねぇ、26ってもうアラサーじゃん。でも見た目も中身も若いから、まだまだこれからだね、さりちゃん。

最後に、さりちゃんのファンの皆様、私に手紙を書かせてくださりありがとうございます。さりちゃんのお世話は大変だと思うけど大切にしてあげてください。

さりちゃん、いつもありがとう。大人になっても、おばあちゃんになっても仲良しでいて欲しいな。

大好きだよ!

さりちゃんの愛する可愛い妹、りょうちゃんより。

 

■スピーチ

綾巴ちゃん、お手紙本当にありがとう。
綾巴ちゃんとは何年も前に、「私たち足して2で割ったらすごくいいのにね」 って、話してたのがすごい印象的で、正反対なのにすごくこんなに仲良くなれて、綾巴ちゃんがいなかったらこんなにちゃんと人間になれてない、なんて言えばいいんだろう、ちゃんとした人に慣れてないと思うので、ほんとに感謝しています。

そしてですね、すごいちょうどいいこの籠。
ちょうどいい籠なんですけど。

まずは本当に26回目の・・・
生誕祭を26回もしてないんですよ。
26歳の生誕祭をこんなに盛大に開いてくださり、本当に皆様、DMMの前で応援してくださる方も、今日来られなかった方も本当に本当にありがとうございます。

そうですね、本当にこの1年間はまず、やっぱり総選挙で11位という順位をいただいて、速報圏外から、途中ちょっとなんかやらかしたりもしてからの、2年連続の選抜入り、本当に、今まず今年の嬉しかったありがとうの気持ちを伝えるコーナーです。

それで、本当に11位、2年連続の選抜入りは本当に本当に、本当にすごいことだし、本当に皆さん1人が欠けてもいただけなかった順位だと思います。本当にありがとうございます。

そしてこの1年間は毎月割とコンスタントにずーっと目標にしてたクイズ番組に出させていただいて、もうそれが私の中で本当に5年前からずっとクイズに出たいって私はアピールっていうか、ちょっと言っていたので、本当に今も毎月呼んでいただいて、夢みたいで嬉しいし、はい、嬉しかったことふたつ目です、それが。いっぱいあるんですけどね。

あとSKE48のシングルで 『いきなりパンチライン』 と 『Stand by you』 で2回連続フロントメンバーに選んでいただけたことは本当に、もう本当に夢みたいに嬉しくて、それも目標にしていたことで。多分ファンの方も絶対そんな日が来ると思ってなかったと思うんですよね。なので本当に、本当に本当に嬉しいんです。
伝わってます?

でも本当それがきっかけで本当にSKEの、なんかその曲、いい曲だって知ってもらいたいなとか、そういう気持ちがすごく強くなって、そういうきっかけをくれたことでもありました。

そして3月、来月から初めてSKE48以外での舞台の出演が決まりました。ありがとうございます。

本当に、これもなんですけど、もうSKE入る前から私はずっと舞台が大好きで、ミュージカルを見るのも大好きで、いつかヒロインがやりたいとか、ずっと言ってきたことで私の本当に一番の夢なので、SKEにいる間に本当に凄く大きな舞台で、しかもこうヒロイン役をやらせていただけるということで本当に本当に皆さんのおかげだと本当に感謝してますし、本当に・・・本当にばっか言ってるんですけど、舞台出演が本当に決まって嬉しいです、はい。ありがとうございます。

で、私この1年間全てのイベントに 「もうこれが最後だ」 っていう気持ちで臨んでたんです。総選挙にしても何にしても 「もう最後だ」 って気持ちでこの1年臨んでて、実は。

1年経ってみて、まだ全然やりきれてないなってすごい今感じてて。本当は総選挙とかも皆さんに本当に、なんだろう、ご迷惑をかけてすごく頑張ってくださってて、そういうのも知っていて。すごい、だからもうそういう、もう皆さんに負担をかけるのもわかってるし、「最後」 って気持ちだったんですけど、今こうして1年間やってきて、なんか私もうちょっと我武者羅にもうちょっと頑張れ子だよなって思ってて。このままじゃ終われないなって思ってる自分がどこかにずっといて。だから、まだ納得いくまでアイドルをもっと我武者羅に頑張りたいなって思ってるんです。

なんか、我武者羅だったりそういうのが一番私の強みって言うか、自分でもなんだろう、それだけは負けないって思ってるとこだったのに、みんなに泥臭いとかそういうのを言ってもらって、でも今の私って本当に泥臭いかなって。なんか甘えてないかなってすごい思って。そんなままの自分じゃ、みんなにも申し訳ないし、もっとみんなと楽しみたいし、もっと皆さんを幸せにしたいって私は思っています。

この1年やっぱり悔しいこともあって。AKBの選抜に皆さんのおかげで総選挙では選抜に入れていただいてる、本当にありがたいんですけど、そこから一度も自力で選抜に選んでもらえることがなくて、もう本当にそれは私の責任だし、努力不足だし、凄いずっと悔しいなって思ってたんです。

でも、あまりに毎回入れないから 「もう悔しいの思うってやめよう」 ってどっかからか思って。だから私は、SKEのメンバーだしSKEで、もちろんSKEが一番大切だしってずっと自分に言い聞かせてて、本当にSKEが大切なんですけど、でもそういう自分でこう悔しいって思わないようにしてる自分もすごい嫌で。なんか本当にそういう自分、選ばれなかったことより、それを悔しいって言えない自分が一番悔しかったです。それが今年の悔しいことだし、後悔です。

そして、そうですね、SKE48のシングル曲でフロントメンバーをさせていただいたのに、こうやっぱりあんまり音楽番組に前よりも出られる回数がちょっと減ったりとか、そういうのも凄い私の中で悔しくて。なんか、今まではSKEのことを自分が言う器じゃないし、言えないって思ってたけど、やっぱそういうSKEの曲をもっと本当にみんなに聴いて欲しいという気持ちが今は本当に強くなっているので、そういうとこも悔しかったです。

そして、そしてですね、私の代名詞っていうか一番私自分で自信を持って言えるのは、本当にファンの方が、私の方は優しくて素敵っていうことです。それと自分で、これは今も自信を持っているのは、自分の夢に一番正直だってことです。

なので、これから先、私の夢、舞台、今叶いそうな夢なんですけど、あとちょっとで叶いそうな夢を、その夢があとちょっとで叶いそうな時に、そこで歩みを止めてしまうのは一番私らしくないなって思っていて。夢がもしかしたらもうちょっと先に見えてるって思えてきた今だからこそ、誰よりも一生懸命やらなきゃいけないと思うし、頑張りたいなって思ってます。

だから、まだ私はここで本当に頑張りたいし、今年の総選挙もあったら出たいと思います。

なんか、本当に・・・ちょっと見よう。
本当にこうやって皆さんといられる時間は有限で、ずっと続くものじゃないし、こうやってみんなが好きって言ってくれてるからこそ私はこうやってアイドルとしていられてるわけで、そうやって思ってくださる方がいる以上、私はもっと本当に本当に我武者羅に、もうそれこそ本当に初心を思い出して一生懸命頑張らなきゃいけない時だと思っています。

そして、やっぱりこうやってちょっとずつ目標が叶いつつある今だからこそ総選挙でも誰にも負けたくないです。3回連続選抜に入っているメンバーはあまりいないと思うし、すごく難しいことだと思うんですけど、私ここにいる限り総選挙は絶対出るって言ってたの、覚えてますよね?
すごいそういうことを何年も前に言ったんですけど、でも本当に卒業とかは考えてないけど、次がラストの総選挙っていう気持ちで総選挙も目標に頑張りたいと思うし、他のところは私が本当にちゃんと今日ここで言った通り頑張っているかは皆さんが見て、私を見て判断して欲しいし、去年ちょっとやっぱりそんなに今までほど総選挙でこうなりたいとか、そういう発信をしていなかった分、なんか遅いよって思う方もいらっしゃるかもしれないんですけど、でもやっぱりまだ惣田紗莉渚はまだまだこんなもんじゃないって思ってくれてる方もいると思うし。いますか?」

僕たち私たちの紗莉渚はまだまだこれからだー。

そうなんです。言いたいこと伝わりましたか?

本当に皆さんとのこうやって一緒にいられる時間、握手会も公演もライブも全部、本当にその時間が幸せだなって、こうやって皆さんに会うたびに気付かせてもらうし、それが私の一番の支えだし、一番の自慢です。

新しいメンバーもたくさんいて、皆さん、すごい、私絶対どこかで見てるんで、それを心に置いて行動してください。

でも本当に後輩が 「私憧れてる」 って、今日めっちゃイジられてたんですけど、なんかすごい憧れてるって言ってくれるメンバーがいることも自分がSKEにいる、いた、そのなんだろう、ことを肯定してくれてる気がして、自分もSKEのためにちょっとでもそうやって後輩が憧れてるってだけでちょっとでも役に立ててるのかなっていう気がしてすごく嬉しかったし、なんか、そういう抜けてるとことかそういうところは別に、憧れてもらえるような先輩にもなりたいし、みんなからもこれからも愛してもらいたいです!

なので皆さん、私はまだまだここに居座るので、いいですか?それでも。

なので皆さん、これからもよろしくお願いします!

ありがとうございました!

 

 

惣田紗莉渚#生誕祭2019|2019-02-20 10:58:57|SKE48アメブロ

惣田紗莉渚ですヽ(^o^)

2/18
惣田紗莉渚生誕祭
本当にありがとうございました🎂✨

始まる前は久し振りにすごく緊張して
不安でいっぱいだったのですが、

終わってみたら
スッキリして、
私を好きでいてくださる方々の
パワーを肌で感じて、

幸せな気持ちです。

自慢のファンの皆さんです。

 

※全文はこちら

 

 

 

 

 

【関連記事】

<第11回 AKB48選抜総選挙>選挙対策委員会ポータル