舞台『毒薬と老嬢 ARSENIC AND OLD LACE』2022年上演決定、19日間5都市で帰ってくる!


2022年2月4日(金) 10:00 から東京・大阪公演のチケット販売がアナウンスされていますが、ファンクラブ Cafe de Sally で惣田紗莉渚扱い先行販売がある模様です。

『毒薬と老嬢』公式系ツイートをひたすらリツイートなどするだけのTwitterアカウントを、ひっそり運用しています。漏れがあればご指摘いただけますと幸いです m(_ _)m

 

 

https://twitter.com/shochiku_stage/status/1435483045763584002?s=20

https://twitter.com/shochiku_stage/status/1435483467018424326?s=20

毒薬と老嬢|新橋演舞場|松竹

毒薬と老嬢
会場 新橋演舞場
日程 2022年3月16日(水)初日~20日(日)千穐楽
【ご観劇料(税込)】

1等席  12,000円
2等席  8,500円
3階A席  4,500円
3階B席  3,000円
桟敷席 13,000円

みどころ

久本雅美×藤原紀香 W主演で待望の初タッグ!! まさかの老婆役!?
2020年上演予定の舞台が来春、2年越しに上演決定!!

『毒薬と老嬢』は、アビーとマーサの老姉妹が繰り広げる衝撃のストーリーと2人に振り回される登場人物たちをコミカルに描き、1941年にブロードウェイで初演されるや大ヒットし、2年半のロングランで1,441回の上演を記録。翌年からはウエストエンドで3年3か月のロングランで1,337回の上演を達成した傑作です。安楽死や高齢化社会への風刺も含んだ本作のテーマは、現代でも色褪せず、世界各地で上演が重ねられています。

そして2022年3月・4月、久本雅美と藤原紀香が初タッグを組み、新橋演舞場、大阪松竹座、そして全国にて上演いたします!
今回は台詞を関西弁にしての上演となり、関西出身のふたりによる丁々発止のやりとりは必見!
また藤原紀香は老婆役に初挑戦となります。
舞台初共演となるふたりがどんな化学反応を起こすのか・・・?
ブラック・コメディの最高傑作!『毒薬と老嬢』にどうぞご期待ください!

 
 

※全文はこちら

 

https://twitter.com/osakashochikuza/status/1435487567177125898?s=20

毒薬と老嬢|大阪松竹座|松竹

毒薬と老嬢
会場 大阪松竹座
日程 2022年4月16日(土)初日~24日(日)千穐楽
【ご観劇料(税込)】

1等席 12,000円
2等席  7,000円
3等席 4,000円

 
 

※全文はこちら

 

 

久本雅美&藤原紀香W主演の「毒薬と老嬢」上演決定、共演に渋谷天笑・納谷健ら|2021年9月8日 15:00|ステージナタリー

久本雅美と藤原紀香がW主演を務める「毒薬と老嬢」が、来年3月16日から20日まで東京・新橋演舞場、4月16日から24日まで大阪・大阪松竹座で上演される。

ジョセフ・ケッセルリングの戯曲「毒薬と老嬢」を、錦織一清の演出で立ち上げる本公演は、昨年上演される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止になっていた。今回の公演には、久本と藤原のほか、渋谷天笑、劇団Patchの納谷健、室たつき、惣田紗莉渚、丹羽貞仁、嘉島典俊、笠原章が出演する。

 

※全文はこちら

 

久本雅美×藤原紀香W主演で待望の初タッグ 『毒薬と老嬢』2年越しに上演が決定|SPICE

022年3月の新橋演舞場を皮切りに、4月の大阪松竹座、そして名古屋、久留米札幌にて『毒薬と老嬢』の上演が決定した。

本作は、当初2020年10月、11月に大阪松竹座ほか全国11カ所での上演を予定していたが、コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年7月に全公演を中止。このたび久本雅美と藤原紀香の顔合わせはそのままに、2年越しの上演となる。

 

※全文はこちら

 

 

 

【関連記事】

<アメブロ>『毒薬と老嬢』中止への思いを綴る「いつかまたエレーン役を演じられると信じています。だから皆さんその時まで待っていてください。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です